サラリーマンの平凡日記(記録用)


by p8lnikqoxc

財源確保、公約通りにいかなかった=「時間的余裕」言い訳に−鳩山首相(時事通信)

 鳩山由紀夫首相は8日の衆院予算委員会で、2010年度予算案で無駄削減による財源捻出(ねんしゅつ)について「時間的余裕の(ない)中でかなり努力したが3.3兆円にとどまった」と述べ、衆院選マニフェスト(政権公約)通りに成果を上げることができなかったことを認めた。公約では7.1兆円が捻出可能と明記していたが、首相は「その額までやりたかったという思いが現実にはある」と釈明した。公明党の石井啓一氏への答弁。
 また、石井氏は11年度予算では公約通りに無駄削減で12.6兆円の財源捻出が可能かどうかも再三追及。首相は「当然やるという雰囲気、思いの中で努力する」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜小沢氏を不起訴〜
【特集】話題騒然 ファーストレディー
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
勃発した「藤井一派」vs「アンチ財務省」の暗闘〜経産省と組んだ菅副総理〜
難問山積 問われる首相の決断力〜普天間、小沢氏団体問題にどう対応?〜

ふげん、放射性物質樹脂漏れて作業員にかかる(産経新聞)
「大阪は生活保護受けやすい」他の自治体勧める(読売新聞)
<原口総務相>各省の会見内容 行政評価の対象に(毎日新聞)
政権再浮上、険しい道…危機感薄い官邸(読売新聞)
婚姻届のため秋田に帰省、カップル事故死(読売新聞)
[PR]
by p8lnikqoxc | 2010-02-14 13:27